SPONSORED LINKS

子供 教育,本当の自信をもって社会に出ていくには?育て方の秘訣のタイトル画像

子供 教育,本当の自信をもって社会に出ていくには?

最近、世の中的に育児がブームの様ですね
管理者のの周りでも育児をする男性が増えているし、
親ばかを売りにする親ばか芸人も増えている気がします。

子どもがいる親が共通して抱えている悩みとは、
子どもをどうやって教育するのか?という事ではないだろうか?
一般には、褒めて育てて行くのが良いと言われるけれど、
あまり褒めると調子に乗ってしまうし。
やはり、昔のように厳しく叱って育てるのがいいのだろうか?などと
親の悩みは尽きませんね
今回はスタンフォードの心理学教授に学ぶ子供の教育方法を
参考にしながら、子供の教育について掲載いたしました。

心理学から見た子供のタイプ

ドゥエックが子供を対象に研究を進める中で、
気付いた事があった。
それは、
学ぶことが大好きで何にでも
挑戦しようとする子供がいる反面、
失敗する事をおそれ、新しい事に
挑戦するのを避ける子供も
いるという事である。

そして、彼女が行った研究で、
衝撃的な事実がわかった。

親が子供をどのように褒めるかで、
子供達の性格(努力型か、失敗回避型か)が
変わってくるというのである。

子供の褒め方が性格にどう影響を与えるのか?

思春期初期の子どもたち数百人を対象に、
知能検査のかなり難しい問題を10問やらせた。

ほとんどの生徒がまずまずの成績。
終わった後で、褒め言葉をかけた。

褒めるにあたっては生徒を二つのグループに分け、
一方のグループではその子の能力を褒めた。
「まあ、8問正解よ。良く出来たわ。頭がいいのね。」といった具合だ。

もう一方のグループでは、その子の努力を褒めた。
「まあ、8問正解よ。良く出来たわ。頑張ったのね。」
といった具合である。

グループ分けをした時点では、両グループの成績は
まったく等しかった。

そして、子供達に、新しい問題を見せて、
新しい問題に挑戦するか、同じ問題をもう一度解くのか、

どちらかを選ばせるという実験を行った。
すると二つのグループの間で、明確に差が現れた。

まず、頭の良さを褒めたグループは、
新しい問題を避け、同じ問題を解こうとする傾向が強くなった。
ボロを出して自分の能力を疑われるかもしれないことは、
いっさいやりたがらなくなった。

一方、努力を褒められた生徒達は、
その9割が、新しい問題にチャレンジする方を選び、
学べるチャンスを逃さなかった。

つまり、努力した過程を褒めると、
子供は努力する事に喜びを感じるようになるのだ。

子供が難しい課題とどう向き合うか?

さらに、生徒全員になかなか解けない難題を出した。
頭の良さを褒められたグループは、
難問を解くことにフラストレーションを感じ、
自分はちっとも頭が良くない、
こんな問題を解いても楽しくない、と
思うようになった。

そして、自分は頭が悪いのだと考えるようになった。

努力を褒められたグループは、
難問をだされてもいやになったりせず、
むしろ、難しい問題の方が面白いと答える子供が多かった。
なかなか解けない問題があったとしても、
イライラしたりせず、
「もっと頑張らなくっちゃ」と考えたのだ。

すなわち、努力を褒められた子供は、
積極的に難しい事に挑戦できるようになるのだ。

褒め方は知能にも影響を与える

その後のテストでも驚くべき結果が出ている。
難問が出された後、頭の良さを褒めたグループは、
成績ががくんと落ち、
再びやさしい問題がだされても回復しなかった。
自分の能力に自信がなくなり、
スタート時よりも成績が落ちてしまったのだ。

一方、努力を褒めたグループの出来は
どんどん良くなっていった。
難問に挑戦した事で、スキルに磨きがかかり、
その後、ふたたびやさしい問題がだされたときには、
すらすら解けるようになった。

ドゥエック教授の研究によると、
以下のような関係が判っている。
能力を褒めると生徒の知能が下がり、
努力を褒めると生徒の知能が上がる。

なぜ教育熱心な親ほど子供を追いつめてしまうのか?

【子供の心の育て方】家庭の教育は
「本当の自信」をつけさせることである。

自分に自信のない子どもは、
・引きこもり
・不良
・自傷行為
・体中にピアス
という行為に走りがちになりかねない。

逆に、自分に自信のある子どもは、
自信満々で社会に出ていけます。
親の役目でもっとも重要なのは、
子どもに「本当の自信」を与えること。

子供の心に一番必要なものは「本当の自信」である。

子どもの心の教育を間違えると…

その子は「一生 自信のない生活を送る」ことになります。

家庭教育で、最も重要なのは…

SPONSORED LINKS

「立派な人になるために成績を上げる」ことではなく、
「本当の自信」を与えてあげることです。

「本当の自信」とは、
運動神経がいいとか、学力優秀な事ではありません。

本当の自信とは…

「無条件で親から愛されている」と
信じ切れることです。

親から「存在価値」を認められると、
本当の自信が身につきます。

「僕は、生きているだけで価値があるんだ!」と
いうことを心の底に持っている人は、
「他人の評価」を恐れません。

周りに流されず、
我が道を歩んでいくことができます。

有名人を挙げると、

野球のイチロー
元サッカーの中田英寿
ソフトバンクの孫正義
などが、他人の評価に動じない、
自分の人生を歩んできた人たちです。

逆に、存在価値を認められずに育つと、
「本当の自信」を失います。

その結果、
「他人との比較」から自信を得ようする。

・成績が良いから、人として価値がある
・見た目がいいから、人として価値がある
・お金持ちだから、人として価値がある

こういう考えが心の奥底に根付いてしまい、
次第に「他人の評価」を恐れるようになる。

「自分がどう思うか」を考える前に、
「他人がどう思うか」を考えるようになってしまいます。

つまり、「他人の評価の奴隷」になってしまうのです。

すると、些細なことで自信を失い、
自分で自分を責めるようになる。

なかには、「引きこもり」「不良」「自傷」「体中にピアス」という
行為にまで走ってしまう人もいます。

<他人との比較で「子どもの価値」を決める親が増えている

残念なことに、今の世の中は…

「目に見える結果」を出した人だけが、
高い評価を受ける傾向があります。

なので、大人ですら、地位・お金・見た目
・成績などで人を判断してしまいがち。

しかし、人にはそれぞれに優れた個性があります。

マツタケは、たしかに値段が高い。
しかし、シイタケ・ダイコン・ピーマン・オクラだって、
マツタケには負けない素晴らしい部分をたくさん持っているのです。

親が、「地位・お金・見た目・成績」などという
表面上だけの評価に振り回されてしまうと、

子どもまでもが、自分らしさを失い、
自分の存在価値を忘れてしまうのです。

我が子の存在価値を忘れかけていませんか?

病気で子どもを亡くした親は…

「入院しててもいいから、
生きていて欲しかった」と涙を流します。

親が子どもに対して、
もっとも強く求めているものとは…

生きていてくれることです。

まったく当然ですが、忙しい生活をしていると、
つい忘れてしまっている親御さんも多いものです。

生まれてくる前は、「五体満足なら、それだけでいい!」と
思っていましたよね。

その気持ちを、どうか今一度、思い返してみてください。

<「本当の自信」を奪う褒めかた

褒めかたを間違ってしまうと、
子どもは「本当の自信」を失ってしまいます。

「本当の自信」を奪う、最悪のパターンは

・成績が良いときは褒めて、
・成績が悪いときはけなす

こういうことを繰り返すと、子どもは…

成績の良い自分は、愛されるんだ
成績の悪い自分は、愛されないんだ
と信じてしまうのです。

それから、

「ちょっと待って!洗濯が終わったら聞くから…」と
いうのも良くありません。

ほんの些細なことですが、
子どもの深層心理は「自分<洗濯」と感じてしまうのです。

「無条件で親から愛されている」ことを、
信じられなくなってしまうのです。

<「本当の自信」を与えるには

子どもに本当の自信を与えるには…

「良いときも悪いときも、
あなたは素晴らしい存在なんだ」

「存在してくれるだけで嬉しいよ」

ということを常に教えてあげてください。

その最も簡単な方法は…

ダメだったときに励ますことです。

・成績が良かったら、褒める
・成績が悪かったら、励ます

ダメだったときは決してけなさず、
精一杯励ましてあげてください。

「今回はダメだったけど、
○○ちゃんならきっとできるよ!」と
いう感じで。

できれば、そのときに抱きしめてあげましょう。

そういう事を重ねることで…

子どもは「無条件で親から愛されている」と
確信できるようになり、
それが「本当の自信」につながります。

「甘い!」「そんなんじゃあ、勉強しなくなるじゃん?」。

この言葉は、子どもの「人生」より「成績」の方が
大切な親の口から出てくる言葉です。

<こんな方法もありますよ

「あなたは素晴らしい存在なのよ」と、
子どもに愛情を伝えるユニークな方法があります。

それは…

毎日、8秒間ギューと抱きしめる

朝の出発時などに、「1.2.3.4.5.6.7.8」と数えながら、
ギューって抱きしめてあげてください。

これは有名な方法ですが、
これ、ホントに効果があるんです!

半年も続けていると、子どもが驚くほど変わります。
健やかで、自信のある、優しい子に変わっていきます。

最初は照れくさいですが、
ぜひ一度試してみてください。

「子供の心の育て方」まとめ

今回の子供の教育について記載しましたが
確かに子供の教育は大変難しい問題なので
子育ての秘密に関係した記事も掲載いたしました。
子どもの人格は、「生まれつき」よりも
「親の影響」の方が大きいと言われています。
親のちょっとした言動と心構えで、
「子どもの心の成長」が大きく変わってきます。

追伸
記事執筆:(株)イノーバ。イノーバでは、
コンテンツマーケティングのノウハウを詰め込んだ
無料のebookや事例集をご提供しています。
ダウンロードはこちらからどうぞ→https://innova-jp.com/library/

SPONSORED LINKS

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!