SPONSORED LINKS

スノークイーンの画像

雨入りとは待ちに待った季節が到来したので
今迄の様なじめじめした季節から解放され
生活に活気が出てくる季節なので活気が出て来ます。

梅雨入りの表の画像梅雨入りの表の画像

然し、嫌なのは、季節性情動障害が起こるのは冬だけでは
ありません。
しかしながら梅雨入りすると
紫陽花が綺麗に咲いて私達を楽しませてくれる季節でもあります。

季節性情動障害を別名「冬季うつ病」とも呼ばれています。

従来は別名の通り、秋から冬にかけて

うつ病のような症状が出る病気だとされていましたが

SPONSORED LINKS

しかし、冬場に限らず一定の季節になると
この症状が出る人もいるので、

嫌な言葉ですが「季節性情動障害」と呼ばれています。

季節性情動障害の原因

この季節性情動障害の原因は
現在未だはっきりとは解っていないのですが、
日照時間の低下が一因ではないか?、

目から入ってくる日光の量が減ることになるので、
脳内伝達物質の一種であるセロトニンの
生産が低下してしまいます。

セロトニンの不足するとイライラしたり、
やる気の低下を招いたり、
うつ病にも関係してくるのです。

季節性情動障害の症状を診断チェック!治療や予防法について!

日本人に多い「梅雨の時期のうつ」

季節性情動障害は日照時間が減る冬場に多いと記載しましたが、
日本人では冬のほかにも梅雨の時期にも注意をしましょう!

梅雨の時期には「長雨が続いて、何となく気分が乗らないな」と
いう人が多いと思います。
梅雨の時期にも日照時間が減るので
季節性情動障害が起こりやすい時期ということになります。

また、梅雨の時期には気圧の変化も問題なのです。

気圧が下がると自律神経に影響を受けやすく、
心身のバランスが崩れやすく成って来ます。

季節性情動障害を予防するには、規則正しい生活を
する事で、陽の光を浴びることが重要になります。

然し、強い紫外線を長時間浴び続けるのは、
皮膚などに負担をかけてしまいます。
そのため、夜は充分に睡眠を取り、
早起きして朝日をたっぷり浴びるようにするのが一番です。
こうすることで、体内リズムも整えられますので克服できます。

その他には、

軽い運動をしたり、
お風呂でしっかり温ったりすると
心身のバランスを整えるのには効果的です。

光の量が原因になっているため、
高照度の光を人工的に浴びることで、症状が改善することが多いです。

SPONSORED LINKS

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!