SPONSORED LINKS

父の日タイトル画像

この世に生まれてからお世話になっている父親の
感謝をするのは、一寸照れますが、感謝する日が
習慣になっています。


その日は6月の第3日曜日が「父の日」です。

普段中々恥ずかしい気がしますが思い切って
この日をチャンスに感謝の気持ちを伝えたいものです。

そんな時に言葉だけではなく何かプレゼントを贈りましょう。
ここでは、どんなプレゼントが良いのか、一応
人人気プレゼントランキングと、
父の日に定番のおすすめプレゼント等ををご紹介してます。



2016年の父の日は6月19日です。

父の日におすすめの定番人気プレゼント

父の日におすすめの定番人気プレゼントには

お花
なんて
如何でしょうか

お花を差し上げる時に感謝の言葉を一緒に伝えれば
気持ちが通じるので喜ばれると思います。

②父の日におすすめの定番人気プレゼントのは

手紙

差し上げるのも良いかも知れません。
手紙だと直接渡す機会が無くてもそっと差し上げれば
喜ばれると思います。
普段伝えられない言葉でも、手紙であれば素直に
伝える事が出来るので、喜んで読んで呉れて
感謝の気持ちが伝わる様な気がします。
同時にお花を添えるなんて粋な感じもします。

③父の日におすすめの定番人気プレゼントには

お酒
なんて如何でしょう。
「お父さん=お酒」が定番なのは、
おそらく地球が滅びるまで続くのではないでしょうか?。

しかし、お酒を飲まれない父親の場合には困りますが
一応お酒を飲まれる事を前提としてお話します。

人気のプレゼントですがビールや、
日本酒、ウイスキー、ワイン、ブランデー等々幅が広く、
考えられますが、その中で
プレゼント選びにはちょっと苦労しそうです。

普段飲んでいるお酒をケースでプレゼントするか
同じ種類で少し高価なお酒をプレゼントするか
地酒など普段では手に入れづらい銘柄をプレゼントするのか
プレゼント選びではこのあたりがおすすめになるでしょう。

SPONSORED LINKS

これらの中から何を選ぶのかは、普段の父親を見ていれば
自ずと解ってくると思いますので、何を贈れば良いのかを
考えて、父親の喜んだ姿を連想しながら考えるのも手です。

④父の日におすすめの定番人気プレゼントのは

食べ物
は如何でしょう
定番プレゼントのお酒と一緒におつまみをプレゼントしたり、
お肉が好きなら和牛など、選びやすく贈りやすいプレゼントで
人気のおすすめプレゼントです。

また、普段は仕事で疲れているお父さんですので、
父の日だからと外に連れ出して食事をするよりも、
自宅での食事の方が落ち着くという意見もあります。

父の日は用意した食材を使ってホームパーティがおすすめです。

⑤父の日におすすめの定番人気プレゼントには

洋服
は如何でしょう

ネクタイも含めて仕事とプライベートのどちらで使うにせよ、
ファッションの類は父の日かどうかを問わず定番の人気プレゼントです。

仕事で使うのであればワイシャツとネクタイのセット。

プライベートであれば夏に向けた涼しいシャツや帽子、
ジャケットなんかもプレゼントにおすすめです。

サングラスは好き嫌いが分かれそうですが、
抵抗のない人には嬉しいプレゼントでしょう。

お父さんが気に入りそうだなと思ったものを
プレゼントするのも良いですが、
「たまにはこんなのもどうだろう」とプレゼントしても、
お父さんにしてみれば、子どもからもらえるプレゼントは
何だって嬉しいものです。

父の日のプレゼントの予算について

父の日のプレゼントの
予算は3,000円~5,000円が平均
です。

この位の予算でいかに父親が喜んで貰えそうな品物を
考えてプレゼントの商品を選ぶ様にしましょう!
父親の喜んで呉れれる姿を想像するのも楽しいです。

父親へのプレゼントランキング

2016年のプレゼントランキングをしらべてみました。
ここに記載したのはあくまでも参考ですので
これに拘る必要はありません。


2016年父の日プレゼントランキング1位:財布
2016年父の日プレゼントランキング2位:お酒
2016年父の日プレゼントランキング3位:食べ物
2016年父の日プレゼントランキング4位:腕時計
2016年父の日プレゼントランキング5位:ベルト
2016年父の日プレゼントランキング6位:名前入りグッズ

2016年の父の日人気プレゼントランキングと定番おすすめまとめ

普段から家族の為に頑張っている父親。

わかっていても、普段からだからこそ感謝の意というのは
表明しづらいものです。

6月第3日曜日の父の日にはそんな恥ずかしさを
「父の日だしな」と吹っ切れる日です。

定番人気のおすすめプレゼントやランキングを
参考にして、2016年はもちろん、
来年以降も素敵な父の日にしてください。
父親の喜ぶ姿なんてそんなに沢山見る事が出来ないので
喜ぶ姿を楽しみにしたいものです。

SPONSORED LINKS

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!