google-site-verification: googleb1efe07e040f47ff.html p3dNjYBhRzVGgcGuNgl61j3qK9pa-Sn9KrTnB9uwVHM,104406292561472284698

菊の育て方!簡単に咲かせるには?肥料はどうするの?


SPONSORED LINKS

%e8%8f%8a%e3%81%ae%e8%8a%b1%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab%e7%94%bb%e5%83%8f

菊の花は日本の国花にも指定されている大変綺麗で素晴らしく
多くの方々に愛されています。

花びらが多い花なので、その種類も21000種ほどありますが
この様に種類が多い分、性質や特徴も多種多様ですので
それぞれの種類に応じた育て方が必要になります。
今回は、一般的な菊の簡単な育て方を紹介しようと思います。
菊の花を綺麗に咲かせてお楽しみください。

・菊を綺麗に育てるための肥料と土について

菊の種類は宿根草なので、
肥料は非常に沢山消費します

宿根草は、冬季または夏季に地上に露出している茎や葉は

休眠していますのですが、地中にある根株は生きていますので

春になると再び新しい芽を出して生育する性質を持っています。

宿根草の菊に必要な肥料について、

元肥ですが植え付けの時には、緩効性化成肥料(マグァンプKなど)を

用土に混ぜて、使用するとよいでしょう

しかし、緩効性化成肥料は市販されていますが購入時に

確かめて追肥するようにしましょう

今回は参考に、菊用の緩効性化成肥料を紹介いたします。

参考に、菊用の緩効性化成肥料
「JOY AGRIS 菊の肥料 700g」は、
なたね油かすに植物由来リン酸などを配合し醗酵させ、
カリとクドを強化した菊専用肥料です。

・・菊の置き肥について


菊の生育期に肥料切れを起こさないために必要です。

一般的には、乾燥肥料の油かすなどを使用します。

土の上に数粒置いて軽く土をかけるようにしましょう!

ただし、油かすの場合は、

葉っぱを育てるための窒素しか含まれていませんので

生育期はこれだけでもいいのですが、

開花期には使用しないようにしましょう。

菊を綺麗に生育させるためには、追肥しなければ

栄養分が、不足しますので追肥には速効性のある

液肥(液体肥料)を使用しましょう。

お勧め液体肥料

「ハイポネックス ハイグレード開花促進 450ml」は、
水で薄めて使う液肥です。
13種類の栄養素をバランスよく配合(チッソ無配合)しています。
花木類やラン類の花芽形成期や菊などの
止め肥(8月中旬から9月中旬)の時期に、
生育と開花が同時に進む草花などは、
チッソを含む液肥と交互に与えると効果的です。

↓↓↓お勧め液体肥料↓↓↓

※菊を育てる時には
生育期には窒素が多い液肥をやり、
開花期にはリン酸の多い液肥をやる
時期に合わせてバランスよく使用しましょう!
液肥を薄める場合には正確に分量を量りましょう!
このことを覚えておきましょう!

・・菊を育てる土について

菊の多くは酸性の土を好みます。

直植えする花壇などが、コンクリートのそばなどにある場合には

アルカリ性の養分を含んでいますので

鹿沼土を混ぜて、弱酸性の状態になるようにし、

腐葉土も混ぜると、より適した土になります。

市販されている菊用の土を使用する方が育てるのが簡単です。

菊は根っこも通気性が良ければ肥料の吸収率もいいので

生育もよくなります。

菊用の土は、その点を配慮した配合で、作られているので安心です。

SPONSORED LINKS

↓↓↓菊用のお勧めの土↓↓↓

商品説明
保水性と排水性のバランスを持った、豊富な有機質を配合。

【仕様】
●容量:12L

【花ごころ 園芸 ガーデニング 土 用土 菊】

・・置き肥について


生育期に肥料きれを起こさないために

乾燥肥料の油粕などが一般的に使用されています。

土の上に数粒置いて軽く土をかけるとよいでしょう!

しかし、油かすは、葉っぱを育てるための

窒素しか含まれていませんので

生育期はこれだけでもいいのですが、


開花期には適さないので使用しない様に注意しましょう。

菊は、肥料を沢山必要としますので、適宜に追肥しなければ

ならないために、追肥には速効性のある液肥(液体肥料)を

使用するようにしましょう!

追肥の仕方
生育期には窒素が多い液肥をやり、
開花期にはリン酸の多い液肥をやる
必要で時期に合わせて肥料を選びましょう!
液肥を薄める場合は正確に分量をはかって使用しましょう
この事は非常に大切なので覚えておきましょう!

肥料が濃すぎると肥料障害を起こすこともありますし、

逆に薄すぎた場合は肥料の効果が出ない可能性もあります。

注意しましょう!

・病害虫対策について

菊を育てるにあたって、害虫と病気は付き物なので、

害虫との戦いも必至になってきます。

まず、菊の害虫の代表的なものが
、アブラムシ

ハダニ
です。

アブラムシにはスミオチンやDDVP、

ハダニにはケルセンなどの殺虫剤があります。

または、オルトランを予防的にまいて吸収させておくのも一つの方法です。

・・菊の病気について

菊を育てている最中に病気になったらどうしましょう?

これには大変困ってしまいますね

そこで菊の病気対策について説明いたします。

代表的な病気は
①サビ病
%e8%8f%8a%e3%81%ae%e8%8a%b1%e3%81%ae%e3%81%95%e3%81%b3%e7%97%85%e3%81%ae%e7%94%bb%e5%83%8f
菊の葉や茎に、白色や黒褐色、淡黄褐色の小さな斑点が

出てしまった場合の病気は、サビ病の証拠です。

②ウドンコ病
%e8%8f%8a%e3%81%ae%e8%8a%b1%e3%81%ae%e3%82%a6%e3%83%89%e3%83%b3%e3%82%b3%e7%97%85%e3%81%ae%e7%94%bb%e5%83%8f
菊の葉の表面に白い粉が吹いたような糸状の菌が覆うウドンコ病です。

これらは、梅雨時期に発病しやすいのが特徴です。

対処薬としては、ベンレートなどを散布する方法あります。

発病、発生してしまったら、薬剤で駆除や散布する方法、

もしくはその部分を切り取ってしまうという対処をします。

けれども、薬剤を使用する場合は注意も必要です。

同じ薬を使い続けると耐性が付いてしまい、

効果がなくなってしまう場合があります。

最低3種類を準備して、

順番に使用する方が効き目はあります。

散布する時は、気温が低めの夕方にまくことと、

風の吹いていない日を選ぶということも大切な点です。

そして何より、薬をなるべく使わずに育てるための、

予防法を考えて見ましょう!

いちばん安心で安全なことです。

①日光によく当てて風通しを良くする方法。

②極端な乾燥と多湿を避ける方法。

③葉に土はねが付くと菌が繁殖しやすくなってしまうので、
不織布やワラを敷く方法。

④木酢や竹酢液など自然のものを散布に使用する。

などの予防策を考えて、試みてみましょう。

・まとめ

菊を簡単に綺麗に咲かせる方法について掲載しましたが
如何でしたか?
菊を綺麗に育てるための肥料と土について
菊の置き肥について
菊を育てる土について
置き肥について
病害虫対策について
菊の病気について
参考に各項目のお勧め商品も掲載しました。
これらの項目を分かりやすく説明しました。
参考にして綺麗な菊の花を育ててお楽しみください。

SPONSORED LINKS

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!

コメントを残す

サブコンテンツ

関連記事はこちら!

    None Found

このページの先頭へ