SPONSORED LINKS

菖蒲湯の画像
菖蒲湯は古くから、無病息災や「勝負」や、武道・武勇等の
願いを込めて端午の節句の日に入浴する習慣がありますので
これらの事について説明しようと思います。

菖蒲湯の由来について

菖蒲湯の由来について調べてみましたところ
奈良時代から続く行事として
5月5日「端午の節句」に、
厄払いを目的として「菖蒲湯」に入っていたのが最初のようです。


奈良時代には
邪気や悪鬼を祓う薬草とされていた菖蒲を、
軒にさしたりお湯に入れて無病息災を祈っていたのが起源のようです。

その後、時代が武家社会へと変化してから
菖蒲(ショウブ)」は
「勝負」や、武道・武勇を重んじるという意味が
「尚武」に通じることや、葉の形が刀に似ているので、
武を尊ぶ節句へと変化して来ました。


江戸時代
に入ると、

5月5日
が幕府によって重要な式日と認定された為に、
大名達がお祝いの品を持って江戸城に出向く様になりました。

将軍に男児が生まれた年は馬印やのぼりを立てたり
誕生を祝し、自国の安泰を祈願した様です。

その様な理由で、5月5日の「端午の節句に菖蒲湯に入る」
習慣が現在も定着した様です。
故に、菖蒲湯に入るという風習はこの時代も続いています。

SPONSORED LINKS

菖蒲湯に使う「菖蒲(しょうぶ)」とは?

菖蒲の画像
菖蒲とはサトイモ科の植物です。
菖蒲は、沼や川へり等に群集している植物です。

「菖蒲湯の作り方」

菖蒲湯は、葉の爽やかな香気が楽しめますので
是非楽しんでは如何でしょう

本来は菖蒲の根に含まれている精油成分が
多く含まれていますので血行促進や
疲労回復の効果があると言われていますので、
この菖蒲をネット等に詰めてお風呂に入れるのが
一番効果があると言われています。

■精油の多い菖蒲は乾燥すると成分が
揮発してしいますから、
そのまま使用する様にします。

タオルや綿の袋等に、細かくした葉を
ひとつかみほど入れます。

■袋を洗面器などに移し、
熱湯を注いで10分ほど置き、

精油を抽出します。
■袋と抽出液を浴槽に入れれば、
菖蒲湯のできあがりです!

その他に、買ってきた菖蒲をそのまま浴槽に入れて
手軽にアロマ効果のある香りを楽しむのも結構です。

菖蒲の葉が長すぎる場合には、
葉の部分を輪ゴムなどでまとめて浴槽に入れるのも可です。

その時にヨモギ等と合わせて春の芳香を
楽しむと一層楽しめますので試してみては
楽しめますよ

菖蒲湯の入浴方法

菖蒲が持っている血行促進効果!
「菖蒲湯」と「さら湯」にそれぞれ10分間入浴すると、
大変効果が現れます。

菖蒲湯では入浴中から血流量の増加がみられ、
この傾向は入浴後約10分間続きます。
菖蒲湯は血行が促進されます。

おわりに

菖蒲はこの季節のものなので、
年中あるものでないので
季節になると商店やスーパー等で
販売されますので、注意して確保しましょう!

でも、菖蒲が手に入らなかったり、
手軽に香りだけ楽しみたい場合には
菖蒲エキス等が入った入浴剤も
あるのでぜひお試ししてみるのもいいでしょう。

菖蒲湯に浸かって、香りを楽しみながら
古き時代の流れを思い馳せながら
楽しみましょう!
その時にあまり長湯しませんように
くれぐれもご注意を

大変ながらくお付き合い頂きまして
有難うございました。

SPONSORED LINKS

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!