google-site-verification: googleb1efe07e040f47ff.html p3dNjYBhRzVGgcGuNgl61j3qK9pa-Sn9KrTnB9uwVHM,104406292561472284698

アスペルガー症候群の治療法|発達障害の種類と特徴は?


アスペルガー症候群の治療法|発達障害の種類と特徴は?
SPONSORED LINKS

可愛いお子さんに、発達障害の傾向が見られる場合には

まずは、どの発達障害の可能性が高いのかを

把握しておくことが重要です。

こちらでは、アスペルガー症候群の

発達障害の種類と特徴についてご紹介していきます。

アスペルガー症候群とは

アスペルガー症候群

というのは、

知的障害は持っていないのに、

興味やコミュニケーションの場面などで

特異性が見られる状態を指します。

アスペルガー症候群の定義や、

アスペルガー症候群と高機能自閉症が

同じかという点についてはさまざまな

理論が展開されていますが

2013年にアメリカ精神医学会が発表した
DSM-5という精神障害の診断と統計の手引きでは、

自閉症スペクトラムに包括する

(=自閉症の一部として捉える)方針が示されています。

アスペルガー症候群の特徴

特徴としては下記のような特徴があります。

  • 友人をつくるのが苦手
  • 相手の気持ちを理解したり、

    相手に気持ちを伝えることが苦手なので、

    集団に溶け込むのが難しく、

    どうしても浮いた存在になりがちです。

    率直すぎるコミュニケーションについて


    アスペルガー症候群の子どもは

    思ったことをそのまま口に出してしまうために、

    円滑なコミュニケーションを図ることができません。

    本人に悪意はないのですが

    例えば

    太った人に「太っているね」と発言してしまう

    ように、

    接し方のルールが理解できていないことが多いのです。

    ときには積極的すぎることも

    初対面の人に向かって

    いろいろな質問を投げかける、

    自分にとって関心のある話題だけを話し続けるなど、

    相手が困惑していることを察知できずに

    コミュニケーションを図ってしまうため、

    人と適切な距離を取って交流することが困難です。

  • 相手の発言している意味を理解できない
  • 相手の意図をくみ取るのが困難なので、

    言葉を額面通りに受け取ってしまう

  • ような傾向があります

    例えば
    「風呂の水が溜まったかどうか見てきてくれ」

    いう依頼に対しては


    “いっぱいになっていたらお湯を止めて欲しい”

    いう意味が含まれていますが、

    アスペルガー症候群の子どもには

    それを理解するのが困難です。

    そのために、平気で「もういっぱいで溢れていたよ」

    とだけ報告して、お湯は止めないまま…といった

    対応をしてしまいます。

    このような状態だとしまうと

    臨機応変な対応が難しい!ことになります。

    結局融通が利かないために、


    1度決めた計画を変えることが不得意なのです。

    そのため、未経験の状況を苦手としており、

    初めての場所、状況判断に、強い不安を覚えるのも特徴です。

    そのほかにも

    特定の物事にだけ強い関心を向ける

    アスペルガー症候群の子どもは、

    自分の趣味に関して異常なまでに

    執着する傾向があります。

    そのため特定の物品をコレクションする、

    ある物事に関しての知識を網羅的に記憶すると

    いった行動を取ることが多いのです。

    時には、大人顔負けの知識を披露して

    「この子は神童ではないか」と

    周囲を驚かせることもあるかもしれません。

    アスペルガー症候群の場合、

    言葉に顕著な遅れがないために、

    上記のような症状を親のしつけの問題と

    誤解されることも度々起こるのです。


    上記の症状が見られる場合は、

    まずはかかりつけの小児科医か専門医に相談しましょう。

    発達障害とは?発達障害の種類と特徴

    発達障害は、周囲ができるだけ早く

    気がついてあげることが一番大切なのです。

    では、主な発達障害にはどのようなものがあるのでしょうか。

    その種類と特徴は、

    発達障害とは、

    周囲ができるだけ早く

    気がついてあげることが大切です。

    では、主な発達障害にはどのようなものがあるのでしょうか。

    その種類と特徴、そして発達障害の

    子どもの現状について解説していきます。

    発達障害の種類

    ひとくちに発達障害と言っても、その特徴はさまざまです。

    ・学習障害(LD)

    全体的な知的発達に遅れが見られないにも関わらず、

    特定の能力を習得することだけが

    著しく困難な状態を指します。

    話す、聞く、書く、読む、推論する、計算する…と

    いう6つの能力のうち、

    特定のものだけが困難である場合、

    学習障害が強く疑われるでしょう。

    ・多動性障害(ADHD)とは

    別名で注意欠損とも呼ばれています。

    多動性障害と呼ばれることもあります。

    7歳までの間に注意力散漫、衝動性、多動性(落ち着きがない)と

    いった兆候が現れ、

    それが8歳以降にも継続している場合、

    多動性障害の可能性が高くなります。

    幼少期に落ち着きがない子どもは

    少なからずいるのですが、

    周囲との協調性が低く、

    特に学校生活、社会活動に支障をきたしている

    場合は発達障害が考えられます。

    ・広汎性発達障害(PDD) 自閉症スペクトラム障害

    自閉症、アスペルガー症候群、

    小児期崩壊性障害といった社会性に関る

    発達障害の総称です。

    広汎性発達障害のうち9割程度の子どもは

    特定の味覚、音を嫌う、

    あるいは触られるのを極端に嫌うなど

    感覚過敏の症状を呈するという報告もあります。

    高機能自閉症(アスペルガー症候群)

    広汎性発達障害のなかで、

    知能障害はあっても軽度、

    なかには知能は高いが

    SPONSORED LINKS

    特定の物事にだけ異様に熱中する、

    他人との関わりが苦手、

    言葉を使ったコミュニケーションが不得手…

    といった特徴を持っている子どもは

    高機能自閉症の可能性があります。

    知的な遅れを伴わないにも関わらず、

    自閉症的性格を備えているため、

    高機能自閉症の名前で呼ばれているのです。

    発達障害の現状

    本来、発達障害の子どもは

    できる限り早いうちから支援を必要としています。

    周囲が発達障害を理解し、

    コミュニケーション力や

    対人関係の構築法を忍耐強く習得させていかないと、

    将来的に社会参加が困難になってしまう可能性もあるからです。

    現在、日本では1歳6か月健診や3歳児健診が行われており、

    受診率も高めであるため、

    これらの健診の内容を見直すことで

    発達障害の子どもの早期発見には

    有効に機能すると考えられます。

    しかしサポートする体制においては

    まだ十分に整えられているとは言えません。


    もし、お子さんに発達障害の可能性があるならば、

    できるだけ早く専門家に相談し、

    適切な支援が受けられる環境を整えるべきでしょう。

    年齢・成長段階別の発達障害の症状

    発達障害・子供の精神障害

    どのような症状が、何歳までに見られれば

    発達障害を疑うべきなのでしょうか。

    発見が早ければ、

    より早くサポート体制を整えることができます。

    乳児期から成人期までの年代別に説明しましょう

    ・乳幼児期の発達障害の場合

    まず、乳幼児の時期に見られる発達障害の

    症状・兆候について解説します。

    もし、乳幼児の期間に次のような特徴が見られた場合、

    より慎重に成長を見守っていくようにしてください。

    特に乳幼児期は発達の段階であり、

    兆候があったからといって

    近い将来消失することもあり、

    兆候があるから発達障害であるという診断はできません。

    0~2歳に見られる発達障害の症状の場合

    まだ発達障害を見つけにくい時期であるために、

    必ずしも発達障害とは決めることはできませんが、


    早期発見はとても大切です。

    欲しいもの、食べたいものなどを指さしせず、

    人の手を掴んで取らせようとする

    1人で遊んでいる時間が長い

    人見知りをせず誰にでも同じ対応を見せる

    言葉は理解し反応しているのに言葉が出ない、

    または音には反応するのに言葉には反応を示さない

    声をかけているのに視線を合わせようとしない

    このような症状が感じられると

    発達障害の症状として、判断することができます。

    3~6歳に見られる発達障害の症状の場合

    この頃になると、特徴的な行動や周囲からの

    遅れが目立ってきます。

    この時期に見られる発達障害の症状には

    以下のようなものがあります。

    言葉を上手く使えず、オウム返しの反応が多い

    不安を覚えた時に暴れる、

    泣き叫ぶといったパニック症状を呈する

    瞬き回数が多い、

    首や肩を不自然に動かすといったチック症状がある

    偏食、特定のものにだけ興味を示すなど、

    こだわりが強い


    このような症状の場合も、発達障害の可能性があります。

    学童期(思春期)の発達障害の場合

    学校に通うようになると

    家族以外との交流が増えるために、

    発達障害の兆候が色濃く表れるようになります。

    以下のような兆候が見られて、

    かつ子ども自身が悩んでいたり、

    教員から情報提供があったりした場合、

    何らかの対応を考えるべきでしょう。

    授業中などに静かに着席していられない

    場の空気が読めず、言葉の裏が理解できない、

    冗談を理解できない

    グループに溶け込めず、1人で行動することが多い

    ルールを守れない、

    またはルールに縛られすぎて臨機応変に行動できない

    このような症状の場合には 、
    発達障害の可能性があります。

    青年期(成人期)の発達障害の場合

    最後に青年期、成人期の発達障害についは

    近年では、大人になってから

    発達障害の診断を受ける人も少なくありません。

    大人の発達障害も、

    子ども同様に社会性やコミュニケーション、

    創造性などに特徴が見られます。

    場の空気を読めず、失言、間の悪い発言が多い

    思ったことを口に出してしまう

    慣れていない場所、状況において過度に緊張する

    曖昧な指示を出されると困惑して、上手く行動できない

    発達障害をもつ人は少なくありません。

    障害をもっていても、

    その人らしく生きていくには

    周囲の適切な対応が必要なのですが

    そのためにも、発達障害に対しての

    正しい知識と理解が求められています。

    発達障害の原因とは

    結論から言うと、現代医学では

    発達障害の原因を特定するまでには至っていないのが現状です。

    現状、症状を完全に消し去るような

    治療法が存在しないのはそのためです。

    しかしながら、脳になんらかの問題が起きてることが

    原因となっていることは明らかです。

    これまでに発達障害の原因として挙げられているものには、

    以下のものがあります。

    新生児の低血糖症

    遺伝子異常

    染色体異常

    周産期異常

    幼少期の病気

    環境面の影響

    いずれも明確な確証があるわけではありませんが

    また軽い発達の遅れがあったものが、

    それに対しての周囲の冷たい反応が

    トラウマとなって障害になった、という見解もあります。

    まとめ

    アスペルガー症候群には様々な症状が
    あることはその都度説明しました。

    その症状には個人差があることもご理解頂けたと思います。

    早期にそれらの特性に気づいて、

    一人一人に合った環境をつくること、

    適切な教育を行っていくこと、

    苦手なことの対応方法を工夫していくことなので、

    逆に特性を強みとして活かすこともできます。

    特性を活かせるような環境づくりをすることで、

    本人の生活上の困難さを解消し、

    その人らしく生きることが可能になるでしょう。

    SPONSORED LINKS

    この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    関連記事はこちら!

      None Found

    このページの先頭へ