SPONSORED LINKS

熱中症対策タイトル画像

毎年夏が来ると熱中症に成らない様に
気を使わなければなりませんね
では、どんな事に気を付けなければ
ならないのかについて調べて見ましたので
参考にして頂ければと思い熱中症の基礎から
対策に関係のある食べ物や飲み物までについて
解説しましたので参考にして
暑い夏を乗り切りましょう!

熱中症対策の基礎知識!

熱中症の対策で一番大切なのは



水分補給なのです

熱中症対策の水分補給画像

水分補給をする際にはドリンクも

考えられますが、この件については

別項目で説明しています。

その次に大切なのは

食べ物です。

普段の食事をする際に気を付けたりして食べたりする事や、

仕事の合間等に、おやつ感覚で

食べれる物を摂取するのが有効なのです!

それが、
自然と対策に必要に繋がると思います。

熱中症対策に必要な成分とは?

・水分…一番重要です。
体の水分の減少が、熱中症の大きな原因になります。

・塩分…汗と一緒に体から出てしまうので、
補給が必要なの。

・カリウム…汗と一緒に排出されてしまいますので
主に水分の保持をしていていくためには、
水分が減少すると、
細胞内の脱水症状になる可能性があります。

   
以上に掲載した内容は熱中症対策に最も重要なのですが

その他にも

・糖質…体内で水分の吸収を促進します。

・ビタミンB1…元気ビタミンとも言われ、

不足すると糖質の分解力が下がる可能性があります。

・クエン酸…疲労回復、
代謝の活発化が期待できます。

ですから、これらを適量に取り入れる事で

かなりの熱中症対策になります。

カリウム・ビタミンB1・クエン酸が多い食べ物について!

カリウムが多く含まれている

食品は以下になります。

カリウムが多く含まれている食品は

・いんげん豆
・そら豆
・ヒジキ
・じゃがいも
・さといも
・海苔
・落花生
・松の実

などに含まれています。

ビタミンB1を多く含む食品は

豚肉
ハム
うなぎ
海苔
乾燥大豆

これらに多く含まれます。

クエン酸が多く含まれる食品は

・梅干
・レモン
・オレンジ
・グレープフルーツ
・黒酢
・もろみ酢

等は、普段から摂取しやすいかもですね。

夏の暑いシーズンには、これらの食品を、

普段よりも積極的に食べる事をお勧めします!

おすすめのメニューの食べ物とは?

★1番目は「熱中症対策の水分補給」です。

おすすめは




豚肉とにんにくが入ったカレーです。

熱中症対策のカレーの画像

なぜカレーなのか??

その理由はは、


●スパイスが入っているからです。

とくに、カレーには香辛料が沢山入っています。

「シナモン、クミン、カルダモン、
コリアンダー、ターメリック、クローブ、ナツメグ」は、

これらの香辛料は

①汗をかきやすくする効果がある
②体を温めてくれる効果がある
③食欲増進が期待できる効果がある
④消化促進の効果も期待できる

その他に●薬味が入っている

にんにく、ショウガ等

豚肉には、ビタミンB1が豊富まれているので

カレー(豚肉入り)は、栄養面でも優れています。

これらの理由でカレーは食欲増進で、

体力の低下を防ぎ、ビタミンB1も含まれいる、

スパイスや薬味で、体の代謝を高めてくれるので、

是非、食べる事によって、熱中対策には有効なのです。

2番目は「スタミナ丼」です。

熱中症対策スタミナ丼の画像
スタミナ丼には、


豚肉と野菜が多く入っているからです。

野菜の中には、

ニラとネギが入っていますので

豚肉のビタミンB1との

相性効果が期待できるんです!

3番目は「豚肉の生姜焼き」です。

豚肉は熱中症対策にとても優れています。

しかも、栄養価も高く、ビタミンB1を含みますので

熱中対策には大変有効な食べ物の一つなのです。

4番目は「いかなご」です。

いかなごの画像

いかなごは

体長25センチ前後になる。
紡錘形で細長い。
受け口で下顎がつきだしている。
腹鰭がない魚なのですが、


一寸抵抗がありますね

最近では近くのスーパー等で販売されています。

鮮魚部門でも販売されています。
佃煮でも販売されています。

SPONSORED LINKS

いかなごには

・カリウム
・ビタミンB1
・カルシウム
が、たくさん含まれています。

いかなごの食べ方を少し紹介します。

磯辺揚げで、レモンをかければ、
美味しく食べられます。

クエン酸も同時に摂取できますから一石二鳥ですよ♪

5番目は、常識のようですが「味噌汁」です。

熱中症対策の味噌汁の画像

味噌汁には、汗をかいてしまった時に
失いやすい塩分を含んでいます。

具沢山にすると、
栄養面でも優れていています。


味噌汁は熱中症対策に効果を発揮して呉れますよ

6番目は「ウナギ」です。

熱中症対策のウナギの画像


ウナギには、ビタミンB1、ビタミンAが多く含まれているのが特徴です。

ウナギは現在までも毎年土用の丑の日に

食べる習慣がある事は皆さんのご存知のとおり

栄養が豊富なので熱中症対策には欠かせない

食べ物です。

熱中症対策にはおやつ感覚で食べよう♪

★1番目は「スイカ」を食べましょう!
熱中症対策のスイカの画像



スイカは、なんと90%以上が水分なんです

そして、

・糖質
・カリウム
・マグネシウム

を多く含んでいますので、熱中症対策には

とても優れている食べ物です。

スイカを食べる時には、少量の食塩をかけて食べれば、
まさに、熱中症対策になります!

一寸時間が出来た時等におやつ感覚で食べると

熱中症対策には効果を発揮して呉れます。

2番目は「トマト」です。

熱中症対策のトマトの画像


トマトは、栄養素が豊富です。

トマトに含まれている養分は、

・水分(多少)
・カリウム
・その他

が、含まれています。

このトマトに、少量の食塩をかければ、
まさに、熱中症対策の食材になります。

3番目は「梅干」です。

熱中症対策の梅干しの画像

梅干には、

・食塩
・クエン酸
・カリウム



多く含んでおり熱中症対策には優れものです。

おやつ感覚で、パクッと1個食べておけば、

熱中症対策になるのですが一寸抵抗があります。

一寸勇気を出して食べると熱中症対策に効果を発揮します。

塩分が多い梅干もありますので、
食べすぎには注意しましょう!

4番目は「ウイダーインゼリー」をお勧めします。

熱中症対策のカロリーハーフの画像

オススメの種類は「カロリーハーフ」は如何でしょう。

ウイダーインゼリー(カロリーハーフ)1袋には、

炭水化物が22.5gと少なめであり

・炭水化物=「糖質+食物繊維」

・ナトリウムは43mg 
※「(約)ナトリウム400mg=食塩1g」

更に、

・ビタミンB1
・クエン酸
・その他にも、色々と、含まれています。

ですので「カリウム」以外は摂取する事が出来ます

主食としてではなく、おやつ感覚で、

休憩時の時に利用する様にしましょう

まとめ

高温多湿の環境下で体内の水分や塩分のバランスが
崩れたりして熱中症に成った場合の対策について
詳しく説明致しました。
今回の記事では熱中症の基礎から食べ物や飲み物についても
詳しく説明いたしましたので、参考にして
暑い時期を乗り切って下さい。

SPONSORED LINKS

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!