SPONSORED LINKS

耳鳴りのタイトル画像
耳鳴りが止まらないと仕事に悪い影響を与えてしまい
大変困ってしまいます。
しかも、高音が聞こえなかったり、
片耳だけしか聞こえなかったりする症状には辟易して
しまします。
今回、これらの項目の症状や原因と簡単に効果のある
方法等について調べて見ました。

耳鳴りの原因について

耳鳴りの原因は何なのかを考えて見ましょう。

★他の病気の影響により耳鳴りが発生している場合
 この場合にはとかく脳による病気の場合が考えられます。

  病気の影響を受けて耳鳴りが

 発生する事が考えられます。

 耳の病気は勿論の事、

 脳の病気、内科的な病気など色々な
 病気が耳鳴りの原因となる可能性があります。

耳鳴りにつながる耳の病気の

代表的な物の中には、
・中耳炎、
・外耳炎、
・内耳炎、
・鼓膜炎
などの炎症が
多くの場合耳鳴りの原因の可能性があります。

また、稀なものとしては
・耳硬化症、
・外リンパろう、
・耳管狭窄症
等が
原因となる事も可能性があります。

これら耳の病気が原因となっている場合には

耳鳴りとの因果関係がよく分かっている為に、

耳鼻科で診察を受けた時にも

処置が行いやすいと考えられます。

逆に、突発性難聴やメニエール病等の

未だ詳しく分かっていない病気が

原因となっている時等には耳鳴りを

改善させていくことが難しくなります。

このように、耳鳴りになる背景には
何らかの病気が潜んでいることも
決して珍しくない為、

耳鳴りになったらまずは病院に
相談することが大切です。

ストレスが原因となる場合

耳鳴りは、心理的なストレスが原因で

引き起こされる事もあります。

時にストレスは病気以上に大きな

原因となり得るものです。

現代社会はストレス社会です。
従って、耳鳴りの原因は

そこらじゅうに転がっているという事であり、

だれもが耳鳴りのリスクを抱えながら

生きているという見方もできます。

誰もがやりたくないことをやらなければならない、

聞きたくないことを聞かなければならない、

考えたくないことを考えなければならない

状況の中で生きていかなければならず、

これらの心理が耳に大きな影響をもたらすのです。

なぜならば、耳は自分の意識に合わせて

必要な情報を聞きわける能力がある為、

・やりたくない、
・考えたくない、
・聞きたくない
などと強く思った時等には

それらの情報を強制的に

シャットダウンしようと働くことがあります。

そのような状態がピークに達したとき、

突然不快な耳鳴りの音が現れ、

聞きたくないことを遮断するように

働きかけると言う事が考えられます。

この様な現象が耳鳴りを引き起こさせる

大きな原因となっていると考えられます。

耳鳴りを治す方法

耳鳴りを治す為には、

まずはその原因を特定する事が

必要となります。

SPONSORED LINKS

その為には、まずは耳鼻科で検査を受け、

耳や脳に疾患がないか、

あるいは全身のどこかに

内科的疾患がないかなどを調べて貰いましょう。

そして、何らかの病気が見つかった場合には

その病気を改善することによって、

耳鳴りの症状も改善することができます。

ストレスによる心因性の耳鳴りであると

判断したばあいには、

ストレスを解消することが

耳鳴りを治す方法となります。

耳鳴りの検査をしても改善されない場合

なんの病気も発見されない事があります。

そのような場合にはストレスによる

心因性の耳鳴りであると判断し、

ストレスを解消することが

耳鳴りを治す方法となります。

そのために精神的に不安定になっている場合には

精神安定剤や抗不安薬を処方する事で

症状の改善を図り、

耳鳴りによって睡眠不足に陥ってしまい、

それがストレスになっている場合には

睡眠導入剤を処方する事もあります。

ただし、これらの病気とは違い、

メニエール病や突発性難聴といった

殆どメカニズムが解明されていない

病気が背景となっていることも珍しくありません。

そのような場合には病院でも治療の

方法がなくなるため、

病院が模索的に施す治療を受けながら、

・鍼灸治療、
・漢方治療、
・民間療法、
・整体治療
などの様々な治療を

患者が自発的に受ける事によって、

改善を目指していく事もあります。

しかし、その場合にはいくら

お金をつぎ込んで治療をしても耳鳴りは

一向によくならないというケースもある為、

患者は経済的
・精神的
・肉体的などあらゆる方面から

悩まされる事となってしまいます。

日常生活から治していく

日常生活から治していく事が大切です。

医療機関での治療と同時に、

大切になるのは日常生活から

どれだけ、耳鳴りを軽減させられるのか

を常日頃から考えておく必要があります。

耳鳴りのメカニズムには

解明されていないことが多いので、

・ストレスや疲労の蓄積、

・不規則な生活習慣や偏った食生活等

色々な物の影響の集積されて

耳鳴りが起こっている原因との考え方もあります。

従って、食生活を和食中心にする、

・お酒やたばこを控える、

・生活リズムを整える、

・睡眠を多めに取る、

・運動を習慣的に行う

これらの事を行い、

ストレス解消に取り組むなどの

様々なアプローチからの健康づくりが、

耳鳴りを軽減するために役立つ可能性が高まります。

これらの日常における努力の上に

医学的なアプローチが加わることで、

耳鳴りを効果的に改善していくことができるでしょう。

耳鳴りの高音・片耳に異常がある場合の対処方法

耳鳴りの原因として考えられるのは、
・外耳
・中耳
・内耳
のどこかで異常が起こっているか、
ストレスや首や肩のこり、
自律神経の乱れ、
薬の副作用、
身体の異常など様々な
要因が考えられます。
その中でも、
内耳での異常が原因の場合が多いと考えられます。
これらの場前記の項目を参照して下さい。

まとめ

耳鳴りが止まらないと生活に異常をきたしますので
少しでも早く治したい気持ちがありますが
耳鳴りの症状は大変奥が深い症状なので
これらの問題をいかに改善できるかについて記載いたしましたが
結論としては、症状が現れたら少しでも早く医師の診断を受けて
治療をすることが最善の方法として考えられます。
その他に日常の生活に気を使って注意を怠らない事も
大切なのです。
今回は、これらの事について調べて見ましたので
参考にして健康な生活を謳歌されますよう望んでおります。

SPONSORED LINKS

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!