SPONSORED LINKS

足がだるいのタイトル画像
足がだるい時の不調のサインはどんなサインが現れるのか?
足がだるい時の原因には何があるのか?
足がだるい時の対処方法などについて調べて見ました。
確かにこの様な症状が現れた時には大変つらい思いを
してしまいますので、一刻も早く治したいものです。
今回は、このような症状でお困りの方に参考にして頂き
快適な日常生活を楽しんで頂けたら幸甚です。

足がだるい時の不調のサインについて

足がだるいという症状は、経験方が沢山おられます。
足がだるいと体が重く感じてしまい、
動作をするのが億劫になってしまいがちになってしまいます。
この様な状態に陥った時が一つのサインなのかと思われます。

例えば、横になって休んでばかりいると、
足のだるさは解消されるどころか
余計に、ひどくなってしまうケースもあるのです。

また、足がだるいとなかなか寝付けず
睡眠不足になる方もいらっしゃると思います。

睡眠不足になると体調不良になり様々な病気を
引き起こす原因となってしまいますから、
足がだるいと感じたらなるべく早く
解消する様に自分自身で努力して解消するように
する事が大切なのです。

足がだるい時の原因について

足がだるい原因には以下の4つが考えられます。

①疲労の蓄積によるもの。
足を使うスポーツをした時や歩き続けた時などは、
疲労物質と呼ばれる「乳酸」が体内で
生成されることにより、足がだるく感じる様になります。

SPONSORED LINKS

②筋肉の張りによる場合
デスクワークなどで長時間同じ姿勢を取っていると、
筋肉が凝り固まってしまいます。

筋肉が凝り固まると足に流れてきた血液を
心臓に戻す働きが衰えてしまい、
老廃物が足に溜まってだるさを引き起こす原因になります。

③冷えによる血行不良による場合。

下半身が冷えて血行不良になると、
血液が上手く巡らなくなり
足のだるさを感じる場合があります。

この様な症状が大きな原因として考えられます。

足がだるい時の対処方法について

足がだるくて眠れない時、
手っ取り早くだるさを解消するのによいのがストレッチです。

足の筋肉が張っていたり落ちていると
心臓へ血液を送る力が弱くなり、
老廃物が溜まりやすくなってしまうのが
足のだるさの原因なので、
これを解消するのが目的となります。

やり方は以下の通りです。


文章では一寸理解できない方は動画をご覧ください

足裏の疲れを取るホームケアの動画をご覧ください!

①足を前後に開き、両足の爪先は正面に向けます。
前足の膝に両手を置いたら、
そのままゆっくりと曲げていきます。
この時、後ろ足のかかとが上がらないようにして下さい。

②両足を伸ばしたら、
次は同じ体制のまま後ろ足の膝も曲げます。
こうすることで足首の筋肉も解れます。

③次に座って、片膝を降り、
伸ばした方の足の爪先を掴んで、
体の方へ引っ張ります。
この時は脛がしっかりと伸びるようにして下さい。

足のだるさが吹っ飛ぶ速攻ツボ治療の動画をご覧ください!

ストレッチを行う上でのポイントは、
一つの動作にゆっくりと時間を掛けることと、
動作をしている間は呼吸を止めないことです。
足の筋肉を刺激することで、血液の流れがよくなり、
足のだるさが解消されます。

まとめ

如何でしたでしょうか?
今回は簡単な説明を致しました。
同時に動画も添付いたしましたので
参考にして頂ければ
足がだるい時の不調のサインと原因と対処方法に
ついて記載しました。
是非参考にして健康な状態で素敵な生活を謳歌して下さい。

SPONSORED LINKS

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!