SPONSORED LINKS

身体がだるいのtitle画像
人生を謳歌するには何といっても身体の健康が第一です。
健康であれば、仕事や遊び等を充実させられますが
残念ながら、歳をとるに従って、「疲れがとれない」
「身体がだるい」「やる気が出ない」
等の症状に悩ませられる
状態に陥ってしまうのではないでしょうか
今回は、これらの症状を悩む皆さんに、
疲れを回復する方法をいくつかご紹介したいと思います。

身体がだるい、やる気が出ない・疲れを回復するための方法

疲れがとれない!そんなときに有効な疲労回復方法は
健康と密接な関わりがあり、誰もが悩まされるのが
「疲れ」の存在ではないでしょうか?

若いうちはいわゆる「疲れ知らず」な状態で、
意識することがないかも知れませんが、
歳をとるにつれ、深刻な問題になっていきます。
疲れをマネジメントするということは、
人生を楽しむ上でとても大事なことと言えるでしょう。

本当の「疲れの正体」とは何なのでしょうか?

・人は身体を動かすと体内で活性酸素を発生させます。
この活性酸素は、進入したウイルスにと戦ってくれる反面、
激しい運動やストレスなどで大量に発生しすぎると
体内の細胞を傷つけて、
『疲労因子FF』を生み出すのです。

この疲労因子FFこそが、疲労の正体なのです。
普段皆さんは疲労回復には、エナジードリンクを
利用しようと考えた事はありませんか?

眠気や疲れに対して一定の効果があるように思えます。
しかし、これは本当に疲労を回復しているわけではないのです。

エナジードリンクには、
ビタミンやカフェイン、微量のアルコールなどが
含まれていますので、
カフェインの覚醒作用と微量のアルコールによる
気分の高揚で疲れが取れたように感じているだけの様です。

SPONSORED LINKS

つまり、「疲労感」を減らすのには効果があるのですが、
疲労因子FFを減らす効果は少ないようです。
ビタミン剤など食事での市販の薬を服用することでは
とりきれないビタミンやミネラルなどは、
ビタミン剤などの市販の薬を服用することで
補うことができます。
糖質をエネルギーに変える働きを持つビタミンB群を補うと
良いでしょう。
中でも疲労回復に欠かせないビタミンB1は
体に吸収されにくい特徴を持ちます。
そのため、体への吸収率を高めたビタミンB1誘導体と
される医薬品をとることがお薦めです。

ビタミン不足なると病気でもないのに
体がだるいということが起こります。
ですので、理由もないのに身体がだるいという時には
ビタミンを補給してみましょう!

それでも改善しない場合には、病気の可能性もありますので
担当医師に相談してみるのも一つの方法です。

身体のだるいを予防するには?

病気でだるいという場合には病院を受診するしかありません。

しかし、他に原因があるなら予防は可能なのです。
スポーツや趣味に没頭するなど、
実生活とかけ離れた行為に集中したり、
普段の生活圏を離れて自然の中で森林浴をする等、
心身のリフレッシュを図ることで、
ストレスを改善することが出来る場合があります。

また、悩みや不安があるようなら誰かに相談する等して
ストレスの元となっていることは早めに解決する方法もあります。

ストレスは心を締め付け病気にさせてしまう可能性もあります。
そして、その前段階でも体に影響を及ぼすものです。
是非、病気になる前にしっかりストレスは解消して置く事が大切です。

<病気に強い体は日々の食生活から
食事は、体の構成に欠かせないたんぱく質なので、
エネルギーの源になる炭水化物と脂肪等を摂るようにしましょう

代謝を調節するビタミン、ミネラル等も
バランス良く採る事が効果を発揮します。

忙しい朝はパンやフルーツ、野菜の入ったスープなどで手軽に、
そして、栄養価の高いものを食べ、
昼と夜は魚や大豆、玄米などを献立に取り入れるように
意識して食べると大変有効です。

先ほど、だるい時の対処としても紹介しましたが、
予防についても食事は重要です。
そもそも、食事がきちんと取れていれば
多くの病気は予防できるのです。
まずは、
食事から病気に強い体を作る事が大切です。

<まとめ
今回は
・身体がだるい、やる気が出ない・疲れを回復するための方法
・身体のだるいを予防するには?
・病気に強い体は日々の食生活から
以上の3項目について解り易くまとめてみました。

体がだるいというのは病気の可能性もあるようですので。
特に、心の病気が原因の場合は対処が難しそうです。
まずは、健康的な生活を目指してみるのが最善の方法です。

SPONSORED LINKS

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!