SPONSORED LINKS

風邪でだるい症状は薬が原因かも知れません。
その原因を解消する方法をまとめてみました。

風邪にかかりやすいシーズンがやって来ましたね

「なんだか身体がだるくてノドも痛い。
でも、風邪をこじらせて、お困りのではありませんか?

今回は、その原因を解消する方法をまとめてみましたので
参考にして下さい!!

風邪が原因で起こる関節痛について

ひどいときは痛くて寝れないぐらい痛いし

頭痛や喉の痛みとかよりも厄介な時がありますよね。

今回は風邪をひいたときの関節痛の理由や
だるい時の対処法について解説いたします。

市販のバファリンやイブで痛みはとれるのか等をお伝えします。

風邪の時の関節痛、その理由とは?

風邪をひいたときの関節痛の理由を一言で言うと

自分の体が風邪をひいているから

体自身が治そうとしている証拠

なのです。

そんな症状の時には、体の中で炎症を起こしていますから


白血球が異物を体中で取り除こうとしている
のです。

関節痛の痛み以外にも体に熱が出たりするのは

熱によって退治しよう退治しようとして
吐き気や下痢等では風邪のウイルスを
出そう出そうとしているのです。

その他にも、体の関節痛やだるさや、頭痛で

自分の体を運動させたりさせないようにして

「体を治すことに専念をする為に、

体が自発的にしている可能性も十分にある」
と考えられています。

体の関節痛は風邪が理由が考えられますが、

その場合は、風邪のウイルスが直接原因ではなくて

体が風邪ウイルスを退治しようとして

起こるのが原因として考えられます。

特に痛くなる、だるくなる部分は

体の弱い部分や過去に怪我をした

場所などに症状が出やすいよう

ですよ。

風邪の関節痛がだるい時の対処法やひどい時の治し方は?

風邪をひいたときの関節痛のだるさを取ることは

できれば止めておいたほうがいいと考えられています。

なぜなら体内に炎症を起こして

白血球の動きを活発にする力があるので

対処してだるさを取ると風邪が長引く

可能性があるということです。


風邪が治れば関節痛は自然に治ってくる
ものですし

体がだるいと、その分だけ動きにくくなるので

体力の消耗も抑えられ、体の回復に専念できます。

ですから、
水分をしっかりと摂って

内蔵に負担をかけない消化のいい食べ物を食べて、

暖かくして寝るのが1番の治療薬のようです!

歩けないぐらいひどい時はどうする?

個人差があるのでなんとも言えませんが

歩けないぐらいひどい時や高熱が続くときは

SPONSORED LINKS

風邪ではなく、インフルエンザ等の、

他の病気

になっている可能性も十分にあるそうです。

その様な症状の時には、

かかりつけの病院や内科の病院に行って

診察を受けるのがベストですよ!

その時に関節痛がひどいと伝えれば

病気に合わせて対処法を教えてくれます。

風邪の関節痛、バファリンやイブ等の市販薬で痛みは取れる効果は?

市販薬のイブやバファリン等で
関節痛の痛みをやわらげることは個人差もありますが

傷みをやわらげることが出来ます。

他にも市販薬では
頭痛や鼻水、喉の痛みなどさまざまな効果を
期待できるようになっていますが

結論から言うと、
よほど症状がひどくない場合は

イブやバファリンを使うのを服用しないほうがオススメです。

理由は

実は風邪薬で風邪は治らないからなのです。

市販の薬でも病院で処方される薬でも

風邪を治療できる薬は世界に存在しないのが現状です。

(風邪を治す薬ができたらノーベル賞ものだといわれているぐらいです。)

風邪薬の原理は体の中の痛みを和らげて

その間に自分の体自身に風邪ウイルスを
退治してようというものなのです。


どうしてもツライというときには

薬を頼るのも構わないのですが

症状を和らげてしまうと
体が抵抗する力を弱めるということも

考えられていて、

日本内科学会機関誌によると

風邪薬は症状を軽減するかもしれないが
完治が遅くなる可能性が十分にあると
掲載されています。

ひどい高熱や薬を飲まないと

我慢できないぐらいの頭痛や喉の痛みが

あるのであれば飲んだほうが良いのですが

少しでも早く完治させたいのであれば


なるべく薬に頼らずに自己免疫力を

高めるようにするのがベストな方法です。

その様な場合には、十分に休んで体を暖かくして、

消化の良い物を食べて栄養補給をして布団で寝る!

この様な行動をすることが一番なのです。

その場合には、ビタミン類の栄養を積極的に補給

して

やるのも良いと言われています。

まとめ

風邪の関節痛を治すのであれば

自己治癒力を高めるのが1番ですが

悪寒がして耐えられない、

体が全く温まらない等の場合には

もともと免疫力が低下している場合

特に、免疫力が低下している場合は

風邪ウイルスを自分の力で治すことも難しくなるし

実は風邪ではない病気になっていたということもあるので

そういったときには病院で診察を受け、

結果を聞いてから対処してやるのが1番の方法です。

SPONSORED LINKS

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!