SPONSORED LINKS

環境や社会の変化によって、

近年増加の一途を辿る熱中症は

最近では夏に聞かないことはないほどに

身近な病気となっていますね

そこで今回は熱中症が回復するまでの辛い期間を

克服するまでの回復策を解説したいと思います。

熱中症の症状について

気温が高い時などに暑さを感じたり

体内に熱がこもった状態の時などには、


汗をかくことで体温を調節する
のですが、

あまりにも周りの温度が暑すぎると


体温の調節機能が働かくなってしまいます。

そして、大量の汗をかいた時には水分や

塩分ミネラルが大量に体の外に排出されてしまうので


体内の塩分量や水分量が乱れて
しまい、

体調に変化が現れてきてしまいます。

この状態が熱中症の可能性があると言われています。

ですが、

その症状を大きく分けると3段階に分類されているのです。

1(軽度)めまいや立ちくらみを起こす、状態の時

その時には筋肉が痛んだり硬直してしまい、

大量の汗が出る状態です。

この状態は軽度の場合には体温が上がらないこともあるのです。

2(中度)になってくると、

頭痛や気分の不快から吐き気、嘔吐する状態になり、

体がだるくなってぐったりとしてしまい、

身体に力が入らなくなる状態をいうのです。

3(重度)になってくると

けいれんや手足のしびれや、

運動神経に障害が起こったり、

身体の体温が高体温になってしまい、

時によっては意識を失うこともあるのです。

熱中症として疑われたら、

まずは
身体の状態をよく見極めて

適切な処置をすることが大切です。

その様な時には
「涼しい場所に移動する」
「水分・塩分・ミネラルを補給する」
「安静にし、体の状態を見極める」

その他に「必要時は医療機関を受診する」ことをすることが

重要になってきますので、これを実行するようにしましょう。

初めのうちは体温があがらないことも多く、

気づかず放置しがちですが、

あっという間の重症化してしまう怖い面もあるので、

体温を計測するだけでなく、

ほかの症状はないかを見極めることが大事なのです。

熱中症が回復するまでに必要な期間は

一旦、熱中症に掛かってしまった時には、


完全に体が元の状態に戻るまでは2~3日、あるいは1週間、

またはそれ以上と個人差もありますが

SPONSORED LINKS

これは熱中症に掛かった時の元々の体の状態によって

個人差があるためなのです。

普通の健康体の人でも2~3日は回復するまで

かかると言われているので、

熱が下がったり、頭痛がなくなったりと

症状がなくなっても油断することは禁物です。

一度熱中症に掛かってしまうと、

熱中症になりやすくなるという説もあるので、

きちんと体が回復するまでは


無理をせずに安静にしておくことが大事です。

熱中症による頭痛の期間

熱中症を発症し、頭痛を起こした場合

どのようになるのかみていきましょう。

頭痛を起こすということは

熱中症における中度の症状ということになるので、

しっかりとケアをする必要があります。

まず、頭痛を起こすということは熱中症でない場合でも


水分不足ということが考えられ
ます。

水分・塩分(ミネラル)をしっかりと補給することが大切です。

一度に大量に飲むのではなく、

こまめに何度も何度も補給する方が

身体の水分量を整えるのは良いと言われていますので

無理をしないで、

水分補給に心がけましょう。

その場合には、

後頭部と首の間の髪の生え際のあたりや

耳の下を冷やしてみるのも一つの方法です。

この作業は、首筋を通る動脈の中を流れる血液を

冷やすためなので、

皮膚の表面近くを動脈が通っている場所ですから、

効果的に冷やすことを出来るのです。

頭痛がひどいと市販の鎮痛剤を飲んでしまう人も

おられると思いますが、

熱中症の場合は薬を飲むだけでなく、


熱中症対策をきちんとする必要があります。

一旦熱中症の症状が治まって
回復しても、

決して安心しないでください。

その後、数日~1週間ほどの期間は

頭痛が起こることがありますから注意してください。

無理をしないで規則正しい生活を送ることで

少しずつ自律神経も整ってきます。

まとめ

熱中症といっても様々な症状が

出るという事と、

すぐには回復しないということも
分かり頂けたと思います。

特に夏場には冷たいものを食べすぎないで、

温かいものを取るのが体にいいと、

昔の人は良く言っていましたが、

これはこのような理由からということも

解り頂けたと思います。

冷えは万病の元なんて言われていますが

バランスのとれた食事を正しく行い、


暑いからと体を冷やしすぎないことが大切なのです。

しっかりと失われた水分・塩分・ミネラルを

補給することを普段から心がけることで、

熱中症は防ぐことが出来る様になります。

SPONSORED LINKS

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!