SPONSORED LINKS

インフルエンザを発症すると、
まず発熱症状が現れる
のですが、

大変辛い思いをしてしまいます。

では、それから何時間後にどんな検査を受けると
良いの
でしょうか?

そして、検査はどんな状態の時に受けたら
良いのでしょう?

今回は、まずはインフルエンザの検査と
結果が出るまでの期間を説明して、

次に発熱後何時間に受けるべきかを解説して
治し方も紹介しています。

インフルエンザの検査はどんな状態の時に受けたら良いのか

解説します。

検査方法は4つの方法で検査をします。

  • ①鼻腔吸引液 チューブを鼻に差し、鼻水を採取して調べる方法
  •    

  • ②鼻腔拭い液 鼻の突き当りを綿棒で擦り、粘膜と菌を採取する方法
  • ③喉頭拭い液 のどの奥を綿棒で数回擦り、採取して検出する方法
  • ④分析装置  フィルム写真でウイルスを調べる方法
  • 等があります

    これらの検査方法の中でも
    ①の鼻腔拭い液をする病院は多く、
    この方法で調べる時は綿棒を鼻の突き当りに付けるため、
    非常に痛く嫌がる方が多いようです。

    ②の鼻腔拭い液を病院が主流としているいますが、
    検査結果の正確性が高いのが特徴です。

    ③のインフルエンザは鼻の突き当りにある
    上喉頭という部位に最も多いのですが、
    ここを綿棒で直接付着させるために、
    結果の正確性が高いのも特徴です。

    しかし、100%当たる訳ではないので、
    注意するようにしましょう。

    ちなみに鼻腔拭い液は痛いために、
    鼻水をかんでそれでインフルエンザを
    調べる人も多いので、
    その場合は、検査結果の正確性が若干落ちてしまいます。

    また喉頭拭い液を受けた人は、
    吐き気や不快感を訴える事が多い様です。

    まず発熱症状が現れるのですが、
    それから何時間後に検査を受けると良いのか、
    分からない方は多いと思いますので

    今回はいつ受けるべきか説明して、
    結果が出るまでの期間をお伝えしようと思います。

    インフルエンザの検査と結果が出るまでの期間は


    インフルエンザの潜伏期間が終わってしまう
    初期症状として、38~40度の発熱を伴う事が多く、
    微熱であるケースもあるので、注意するようにしましょう。

    発熱後何時間後に検査を受ければ良いのでしょうか?

    インフルエンザの発熱症状が現れて、
    12時間後から受けると正確な検査結果が
    出やすいとされていて、おすすめです。

    インフルエンザ菌の量が関係していて
    一定の量がなければ検査をしても
    正確な結果が出る確率は非常に低く、
    発熱後から待つ必要があります。

    基本的には、発熱後から6時間以内に調べると
    60%の正確率で、7~12時間で90%上昇します。

    基本的には、発熱後12時間~24時間後の間に急激に増えるので、
    この時に受けると検査結果が正常に現れて
    確率が急上昇して、良いとされています。

    インフルエンザの検査は、発熱後何時間に受けるべき?

    インフルエンザの検査は、
    様々な方法がありますが、

    ほとんどの検査は10~15分の時間で結果が判明するので、
    あまり時間を取らないのが良いです。

    基本的に検査をして3~15分で結果が判明すると
    判明します。

    実際には10分から30分位待つと結果が判明します。

    しかし、大きな病院などでは
    検査結果が分かるまで24時間掛かるようです。

    ちなみにインフルエンザを調べる際は、
    検査キットを使用することが多いのですが、

    その場合は陽性と陰性で結果が表示され、
    陽性ならインフルエンザ確定です。

    逆に陰性なら疑いが晴れるという事になります。

    インフルエンザの直し方

    インフルエンザの薬以外の治し方について
    説明いたします。

    昔はインフルエンザの薬などありませんでしたが、
    自力で治すのが一般的であった様です。

    薬以外にも自然に治せるようになってきたのです。

    インフルエンザの薬であるタミフルは、
    発症から48時間以内でないと効果がないとされています。

    そのため、薬以外の治し方に頼るのが必然で、
    自力で治すのが自然です。

    SPONSORED LINKS

    インフルエンザの薬は、
    そもそも副作用が出る可能性もあるので、
    そんなに良い事ばかりの治し方ではなく、
    服用しないメリットもあるので気にしなくても良いです。

    首元を温める方法も有効です。

    体の体温に大きく関わっているのが首元の部分で、
    ここにツボがありますので、体温を調節していて、
    マフラー・タートルネック・タオルで温めると良く、
    免疫力が上がり、
    インフルエンザの対抗力とウイルスの増殖を
    防ぐ効果的な治し方で、自力で出来ます。

    水分補給をする方法

    インフルエンザに自力で効く治し方は
    水分補給が効果があります。

    インフルエンザの高熱で汗を掻くと
    脱水症状になってしまうので、
    大人なら1日2.5ℓは水を飲むのが良く、
    喉が渇いたと感じた時は既に手遅れなので、
    直ぐに飲めるようにして、頻繁に飲みましょう。

    22~2時に寝る方法は

    夜の22~2時は成長ホルモンが分泌されますので、
    人間の体を回復する働きがあり、

    インフルエンザに自力で対抗するのに効果的であり、
    免疫力を上げる事で治し方に繋がり、

    睡眠不足になると免疫力が落ちるので、
    最低7時間は寝るようにしましょう。

    睡眠の質を高める方法
    いくら睡眠時間を取っても
    インフルエンザを自力で治すのが困難な時は、
    睡眠の質が低い可能性がありますので、

    睡眠の質が上がれば免疫力の向上に大きく
    貢献して治し方として有効です。

    音や光が刺激となり睡眠の質が落ちるので、
    窓を閉めてカーテンを閉じて、
    暗くて静かな部屋で寝ると治し方に効果的です。

    加湿器を50~60%設定にする方法
    インフルエンザは冬に流行する理由は、
    温度や湿度が低くなった事からなので、

    加湿器で加湿して温度と湿度を正常にすれば、
    活動が著しく弱くなり、増殖する事も出来ないので、

    加湿器を50~60%に設定すると
    自力で出来る治し方となります。

    豚肉や牛肉は食べない方法

    基本的に豚肉や牛肉は消化の負担がとても大きく、
    インフルエンザの時に豚肉や牛肉を食べると
    消化に掛かる大きな負担になるので
    免疫力が低下してしまい、
    治りが遅くなるのでしばらく食べない方が良いです。

    食事を無理に取らない方法
    インフルエンザを自力で治すには

    食事を無理やりとるのは良くない対処法で、
    食欲がないのは消化エネルギーを使わず、
    免疫力を高めるためであり、
    実際に空腹状態になれば免疫力が上がるので、
    有効な治し方の一つです。

    食事を腹5分に控える方法
    実は食事を取り過ぎると

    消化エネルギーを使われてしまい、
    免疫力が下がるとされると、言われていますので、

    腹5分に食事を抑えると
    消化エネルギーが免疫力に変わり、

    インフルエンザを自力で治すのに
    有効な治し方となり、

    朝食を抜くだけでも効果的であり、
    空腹状態になると免疫細胞の白血球がお腹を空かせて、

    インフルエンザウイルスを食べて早く治せる効果があります。

    消化に良い食べ物を食べて直す方法
    インフルエンザの時には、食欲があっても
    消化に優しい食事を取るべきです。

    主にお粥・うどん・そうめん・野菜ジュース
    ・果物類などがおすすめします。

    消化に優しいものだと消化の負担が減り、
    免疫力が上がって自力の治し方に有効です。

    なるべく解熱剤を服用しないで治す方法
    基本的に解熱剤は免疫細胞の白血球の動きを
    抑制して、
    インフルエンザを殺菌するため出ている熱を
    一時的に下げているだけであり、

    体内にウイルスが残ったままなために、
    効果が切れると後で熱がぶり返す恐れが高く、

    治るのに余計に時間が掛かるので、
    なるべく解熱剤を使用しないのが有効な治し方で、

    40度以上の熱だと使った方が良いという意見もありますが、
    自身の責任で使用するかどうかを決めましょう。

    風邪薬を服用しないで治す方法
    今回は薬以外で治すインフルエンザの治し方を
    紹介してきましたが、

    風邪薬は服用しても悪化する事が多く、
    通常3~7日で治る風邪も10~14日に長引くと分かっており、
    服用する事を医師もおすすめしておらず、良く無い方法です。

    栄養を摂取して直す方法
    インフルエンザを薬以外で自力で治すには、
    栄養素の摂取も大切なポイントであり、
    たんぱく質は基礎代謝を上げて

    免疫力を上げる効果があり、
    ビタミンCは免疫細胞の白血球を活発にして
    免疫力を上げるので、
    これらの栄養を含む食事を食べると良いです。

    以上がインフルエンザを薬以外で治す方法です。

    編集後記

    今回は、インフルエンザに関しての内容を掲載いたしましたが
    皆さんが一番気になるのは、インフルエンザを如何にして
    直すのかが気になるのではないでしょうか?

    そこで、インフルエンザの直し方は

  • 首元を温める方法
  • 水分補給をする方法
  • 22~2時に寝る方法は
  • 睡眠の質を高める方法
  • 豚肉や牛肉は食べない方法
  • 食事を無理に取らない方法
  • 食事を腹5分に控える方法
  • 消化に良い食べ物を食べて直す方法
  • なるべく解熱剤を服用しないで治す方法
  • 風邪薬を服用しないで治す方法
  • 栄養を摂取すして直す方法
  • 以上がインフルエンザを直す基本的な方法
    掲載いたしました。

    いずれにしてもインフルエンザに掛からない様に
    するには、普段の生活を出来るだけ規則正しく
    最新の注意を怠らない様に常日頃気を付けましょう

    SPONSORED LINKS

    この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!