SPONSORED LINKS


日刊スポーツの報道によると
とても評価が高いけど、平均視聴率は、ほぼ19%台と、
20%を超える日が少ないのはなぜなのだろうか?
こんな記事がありましたが、
NHKの朝ドラの前作「べっぴんさん」の影響かも知れない。
終盤、20%を下回ることが多く、
その流れを受け継いでいる可能性があるらしいという事かも知れない。

NHKの朝ドラは家庭で毎朝見る習慣があるらしく
イトドブレイクした作品があると、何となく明日はどんな筋書きに
なるのかを楽しみにしている可能性があります。

そこで起死回生で2017年4月から
NHK連続テレビ小説「ひよっこ」をスタートしました。
今回はテレビ小説
「ひよっこ」
の脚本家の
岡田 惠和(オカダヨシカズ)さんについて調べてみました。

・作品 nhkの岡田 惠和さんの経歴

画像
岡田惠和さんのお名前は一寸(オカダヨシカズ)とは
読めないような気がしますが

本名 岡田 惠和(オカダヨシカズ)
生年月日:1959年2月11日 (58歳)
出身地:三鷹市
学歴 和光高等学校卒業
和光大学人文学科中退。
職歴 企画会社勤務後、フリーライターとなっています。
音楽評論家・FMのDJを経て、1990年に脚本家としてデビュー。
シナリオ修行は、東京・青山のシナリオ・センターで行った。

・作品 nhkの岡田 惠和さんの受賞歴

1999年 芸術選奨新人賞放送部門(『彼女たちの時代』)
2000年 向田邦子賞(『ちゅらさん』)
2000年 橋田賞(『ちゅらさん』)
2014年 東京ドラマアウォード 脚本賞(『続・最後から二番目の恋』)
2015年 芸術選奨文部科学大臣賞(『さよなら私』)[4]
2016年 文化庁芸術祭賞 テレビ・ドラマ部門 大賞(『奇跡の人』)

(『ちゅらさん』)のドラマはNHKの朝ドラで大ヒットしましたので
民さんもご存知かもしれません。

・NHKで放送された番組一覧

連続テレビ小説 ひよっこ(2017年、NHK)
ボクの妻と結婚してください。(2015年、NHKBSプレミアム)
ここにある幸せ(2014年、NHK BSプレミアム)
さよなら私(2014年、NHK)
木曽オリオン(2014年、NHK BSプレミアム)
連続テレビ小説 おひさま(2011年、NHK)
きみの知らないところで世界は動く(2006年、NHK)
もっと恋セヨ乙女(2004年、NHK)
恋セヨ乙女(2002年、NHK)
連続テレビ小説 ちゅらさん(2001年、NHK)
ちゅらさん2(2003年)
ちゅらさん3(2004年)
ちゅらさん4(2007年)
鯨を見た日(1999年、NHK)
35歳・夢の途中(1998年、NHK)

NHK朝ドラタイトル:ひよっこが放送開始します!

放送期間:2017年4月3日(月)~9月30日(土)
放送時間:8:00~8:15(NHK総合)7:30~7:45(BSプレミアム)
再放送 :12:45~13:00(NHK総合)23:00~23:15(BSプレミアム)
放送局 :NHK総合、BSプレミアム
主題歌 :未発表
脚本  :岡田惠和(朝ドラ『ちゅらさん』『おひさま』)
演出  :黒崎博(朝ドラ『わかば』『どんど晴れ』)等があります。


岡田惠和さんがNHK朝ドラの脚本を担当するのは、
2011年4月から10月にかけて放送された『おひさま』
以来、6年ぶり3回目になります。

・連続テレビ小説「ひよっこ」故郷編の出演者が発表されました。
ヒロイン・谷田部みね子(やたべみねこ)

…有村架純(ありむらかすみ)

奥茨城の小さな農家に生まれ育った高校3年生。
おっとり、のんびりした性格だが、
明るく働き者の母・美代子のような女性になりたいと思っている。
奥茨城の暮らしが大好きで、
卒業後は祖父や母を手伝って畑仕事を頑張るつもりだった。
そんな矢先、東京に出稼ぎに行った父が
行方不明になってしまったことから集団就職で
上京することを決意。
トランジスタラジオを作る工場で働き始める。
しかし、仕事にもようやく慣れてきたころ、
会社が倒産。
父がかつて通っていた洋食屋で働くことに。
人情深い町の人たちに育まれながら、
見知らぬ町だった東京にしっかりと根を張っていく役を務めます。

【みね子の家族】
父・谷田部実(やたべみのる)役沢村一樹(さわむらいっき)

農業が大好きで、本当は故郷で田や畑仕事を
していたいのだが、不作の年に作った借金を返すため、
一年のほとんどは東京の工事現場で懸命に働いている。
離れてはいても、いつも家族のことを思っている
心優しい父親。
だが、稲刈りで帰郷したのを最後に、
消息を絶ってしまう。
連続テレビ小説初出演

母・谷田部美代子(やたべみよこ)役木村佳乃(きむらよしの)

明るくおしゃべりで、ちょっとおちゃめ。
農作業のかたわら、洋裁の内職にも精を出す
働き者でもある。
夫・実(みのる)が家にいないことで寂しい
思いをしているが、
子どもたちの前では気丈に明るくふるまっている。
実が行方不明になったことに大きなショックを受けるが、
無事を信じて待ち続ける。

祖父・谷田部茂(やたべしげる)役古谷一行(ふるやいっこう)

口かずが少ないのに、たまにしゃべると毒舌。
でも本当は家族のことを一番わかっていて、
さりげなく優しい気遣いを見せて谷田部家を支えている。
農業一筋で生きてきたため、
跡取りの実(みのる)を出稼ぎに出さなくてはならない
状況を心苦しく思っている。若いころはかなりモテたらしい。

叔父・小祝宗男(こいわいむねお)役峯田和伸(みねたかずのぶ)

実(みのる)の弟、みね子の叔父。
少し離れた村に養子にいったが、
父親不在の谷田部家をいつも気にかけていて、
野菜などを持ってよく現れる。
大きな声でよく笑い、その場を一瞬で明るくする。
気持ちだけは世界に向いていて海外の話もよくするが、
実は東京にすら行ったことがない。
★連続テレビ小説初出演

【奥茨城村の人々】
助川時子(すけがわときこ)役佐久間由衣(さくまゆい)

みね子の幼なじみで同級生。
自他ともに認める村一番の美少女で、気も強い。
みね子とは対照的な性格だが、
お互いに欠かせない親友同士。
卒業後は集団就職でトランジスタラジオの
工場で働くことが決まっているが、
いつかは女優になるという夢を持っている。
★連続テレビ小説初出演

角谷三男(すみたにみつお)役 泉澤祐希(いずみさわゆうき)

みね子の幼なじみで同級生。
時子に片思いをしている。みね子と同様、
奥茨城が大好きなのだが、
農家の三男坊なので継ぐこともできず、
集団就職で日本橋の米屋で働くことが決まっている。
上京後も3人の友情は続き、
励まし合いながらそれぞれの道を歩んでいく。

助川君子(すけがわきみこ)役 羽田美智子(はだみちこ)

時子の母。美代子とは幼なじみで、
たびたび農作業を手伝いに来ては、
おしゃべりにも花を咲かす。
2人は奥茨城村で1、2を争う美人同士だったらしい。
時子には、堅実な道を歩んで幸せになって
欲しいと願っており、上京に反対している。

角谷きよ(すみたにきよ)…柴田理恵(しばたりえ)

三男(みつお)の母。みね子の家よりは大きな農家で、
リンゴ栽培も手がけている。
日々の農作業で忙しく、三男の顔を見るたびに
「さっさと手伝え」と口うるさい。
だが、集団就職の見送りで誰よりも号泣するなど、
本当は愛情深い人物。

助川正二(すけがわしょうじ)役 遠山俊也(とおやまとしや)

時子の父。酪農も手がけるなど、
奥茨城村の農家としては成功している。
谷田部家とは付き合いも古く、毎年、
田植えや稲刈りを手伝っている。
いつも君子の勢いに押されてしまうので、
周りから尻に敷かれているように見られている。
★連続テレビ小説初出演

SPONSORED LINKS

益子次郎(ましこじろう)役 松尾諭(まつおさとる)

みね子たちが通学に使うバスの車掌。
みね子たちの集落から町に出る唯一の交通手段がこのバスで、
長年、子どもたちの成長や数々の出会いと別れの場を見てきた。
ほとんどの村人と顔なじみで、乗客の会話にもたびたび加わる。

・連続テレビ小説「ひよっこ」出演者発表!<東京編>

ヒロイン・谷田部みね子(やたべみねこ)…有村架純(ありむらかすみ)

奥茨城の小さな農家に生まれ育った高校3年生。
おっとり、のんびりした性格だが、
明るく働き者の母・美代子のような女性になりたいと
思っている。
奥茨城の暮らしが大好きで、
卒業後は祖父や母を手伝って畑仕事を頑張るつもりだった。
そんな矢先、東京に出稼ぎに行った父が行方不明に
なってしまったことから集団就職で上京することを決意。
墨田区にあるトランジスタラジオを作る工場で働き始める。
しかし、新しい仲間もできて仕事にも慣れてきたころ、
工場は閉鎖。

かつて父が訪ねたことがある赤坂の洋食屋で働くことに。
人情深い町の人たちに育まれながら、
見知らぬ町だった東京にしっかりと根を張っていく。

【東京編の人々】

― 洋食屋「すずふり亭」の人びと ―
おかみさん 牧野鈴子(まきのすずこ)役 宮本信子 (みやもとのぶこ)

赤坂にある洋食屋「すずふり亭」の主人。
赤坂生まれ、赤坂育ち。父が開いた洋食屋を、
夫、息子とともに切り盛りしていたが、
空襲で夫と店を失う。
戦後、必死に働いて店を再建。
「本格的な洋食を気軽に食べられる」と
町の人から愛される繁盛店になった。
東京に出稼ぎで来ていたみね子の
父・実(みのる)が来店したことがきっかけで、
谷田部家との交流が始まる。
みね子が上京してからも何かと世話を焼き、

みね子の大きな支えとなっていく。

料理長 牧野省吾(まきのしょうご)役 (ささきくらのすけ)

「すずふり亭」の料理長で、鈴子の息子。
父亡きあと、母・鈴子と二人三脚で店を切り盛りし、
その味を守ってきた。
ドミソース(デミグラスソース)には、
とくにこだわりがある。
仕事には厳しいが心根は優しく、
東京で父を探すみね子をそっと見守る。
妻とは死別しており、
はねっかえりの一人娘は突然結婚して
家を出て行ってしまった。
まだ若い省吾には再婚して欲しいと、
鈴子は思っているのだが…。

コック 井川元治(いがわげんじ)役 やついいちろう

「すずふり亭」のコック。
店の二番手だが、サボり癖があり、
料理人としての腕を磨こうという気概も感じられない。
後輩の秀俊にはやたら厳しく、
仕込みなど面倒なことをすぐに押しつけようとする。
一方で、感動屋さんで涙もろく、
その単純さが憎めない男である。
★連続テレビ小説初出演

ホール担当 朝倉高子(あさくらたかこ)役 (さとうひとみ)

「すずふり亭」のホール担当。
仕事は出来るのだが愛想のいい方ではなく、
とくに開店直後はなかなかスイッチが入らない。
若い女性を勝手にライバル視する癖があり、
「いい女」には厳しいらしい。みね子は優しくされて、
うれしいがちょっと複雑。
この店で働くようになったのには、
ある理由が…。

見習いコック 前田秀俊(まえだひでとし)役 磯村勇斗(いそむらはやと)

「すずふり亭」の見習いコック。
仕込みから閉店後の後片づけまで、
1日の大半を厨房で過ごす。
夢は、いつか自分の店を持つこと。
省吾から料理の技と心得を学ぼうと、
日々、修業に精を出している。
みね子が店で働くようになってからは、
下積みの仲間として、時にぶつかり、
時に助け合う。

警察官 綿引正義(わたひきまさよし)役…竜星涼(りゅうせいりょう)

赤坂警察署管内の五丁目派出所に勤務する警察官。
茨城県出身。実の捜索願を出しに来た美代子が同郷と知り、
少しでも役に立ちたいとの思いから
捜索の手伝いを申し出る。
本人はいたってまじめな性格だが、
その爽やかなルックスからか、
乙女寮の女子工員たちをとりこにしてしまう。
★連続テレビ小説初出演

― トランジスタラジオ工場の仲間 ―
舎監 永井愛子(ながいあいこ)役 和久井映見(わくいえみ)

みね子が働く向島電機・「乙女寮」の舎監。

40名ほどが暮らす女子寮で、
工員たちの面倒をみている。
中学や高校を卒業してすぐに上京してきた
女子工員たちにとっては、
母のようでもあり先生のようでもある存在。
若い頃は、みね子たちと同じく工場で働いていたが、
不器用でとても苦労したらしい。
おっちょこちょいで抜けていることも多いが、
ここぞという時には頼りになる。
恋人を戦争で亡くしていて、今も独身を守っている。

同期の工員 青天目澄子(なばためすみこ)役 松本穂香(まつもとほのか)

福島県出身。
家計を助けるために、中学を卒業してすぐに上京してきた。
いつもマイペースで、
何をするのも遅い。
よくミスをして生産ラインを止めてしまうが、
悪びれる様子もない。
「乙女寮」では、課外活動のコーラスと
食堂のカレーライスを楽しみにしており、
それが大きな騒動を巻き起こす。
★連続テレビ小説初出演

同期の工員 兼平豊子(かねひらとよこ)役 藤野涼子(ふじのりょうこ)

青森県出身。
体育以外オール5という成績だったのに、
家が貧しいため進学できず、
中学を卒業して就職した。頭が良くて仕事もできるが、
高校に行けなかった悔しさから
ついついとげのある言い方をしてしまう。
とくに全くタイプの違う澄子とはそりが合わない。
休日も勉強に励む努力家でもある。
★連続テレビ小説初出演

先輩の工員 秋葉幸子(あきばさちこ)役 小島藤子(こじまふじこ)

山形県出身。
みね子たちの先輩。中学卒業後、
向島電機で働き始めた。
「乙女寮」のことは愛子よりも詳しく、
寮長を務めている。みんなに慕われる優等生で、
みね子たち新人をあたたかく迎え入れる。
課外活動のコーラスを指導しに来る先生と婚約しているが、
悩みも多く…。

先輩の工員 夏井優子(なついゆうこ)役 八木優希(やぎゆうき)

秋田県出身。
みね子たちの先輩で、幸子の同期。
中学を卒業して上京した。
体が弱いため寝込んでしまうことがあるが、
本当なら工場で1番になるくらい仕事ができる。
すぐにけんかになってしまう
澄子と豊子をなだめるお姉さん的存在。
可憐で可愛らしい雰囲気は、みね子の憧れに。

・岡田惠和 作品 nhkのべっぴんさんの編集後記

今回は、岡田惠和 作品 nhkのべっぴんさんの視聴率
について日刊スポーツの記事から簡単に参考させて頂きましたが
先金のNHKの朝ドラは、少しマンネリされてきたようなので
どうしても、視聴率が低下してきたようですが
やはりNHKとしては視聴率を上げるために、苦労しているようです。
大ブレイクする朝ドラは待ち遠しい気がします。
その様な理由かも知れませんが登場人物は、現在活躍されている
俳優さんを起用して喜々改正を図っているようなので楽しみです。
この様な理由で今回のあらすじは現在人気のある脚本家の
岡田 惠和さんが起用されたようです。
NHKの朝ドラは背水の陣とまではいかないかもしれませんが
今回の「べっぴんさん」がブレイクするといいですね!

SPONSORED LINKS

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!