SPONSORED LINKS


Sponsored Link




windows10

Windows 10の新機能についてまとめてみました。

Windows 10は一つ前のWindwos 8と比べ、
パソコン用OS(基本ソフト)としてキーボード
やマウス操作にも配慮されています。
もちろんそれに合わせて新しい機能が追加されたり、
変更がされています。

01 スタート メニューについて

まず取り上げるべきなのは、Windows 8で
廃止されていたスタートメニューの復活でしょう。
ただし従来のスタートメニューを復活させたのではなく、
Windows 8のスタート画面の特徴であった
ライブタイルでの表示を組み合わせたものになっています。

また、タブレットモードでは

このスタートメニューが全画面表示となるので
Windows8のスタート画面に近い形で使えるようになっています。
ただしWindows 8と異なり、
スクロールの方向が横方向ではなく縦方向になっています。

02 Microsoft Edgeについて
これまでWindowsで長らく標準のwebブラウザだった
Internet Explorer
(インターネット エクスプローラ)ではなく、
新しく開発されたMicrosoft Edge
(マイクロソフト エッヂ)が
標準ブラウザとして搭載されました。

このMicrosoft Edgeは

Internet Explorerのように
「見る」だけのソフトから
「加工・保存する」ソフトに変更されています。
例えばWebページに直接手書きのメモをすることができますし、
さらに手書きだけでなくキーボードでの
入力もできます。

また、リーディング リスト機能を使うと
webページを保存して後でそれを読むこともできます。

なお、Internet Explorer用に
最適化されたwebページは
Microsoft Edgeでは
正しく表示されない場合があります。
その対策としてWindows 8と同等の機能である
Internet Explorer 11も引き続き搭載されています。

03 OneNoteの組み込みについて

これは厳密には新機能ではありませんが、
重要な変更なので新機能として取り上げます。
Windows 10では、
Windowsストア版のOneNoteがWindowsの機能として
組み込まれています。

そのため、Windowsでは各種データをOneNoteの
データとして取り扱えるようになっています。

先ほどMicrosoft Edgeで
webページの加工・保存機能について触れましたが、
そこで編集されたwebページは
実はOneNoteのノートとして保存されます。

OneNoteは通知機能にある

「ノート」から呼び出せます。
この表記が「OneNote」ではなく「ノート」で
あることからも、
Windowsに完全に組み込まれていることがわかります。

SPONSORED LINKS
04 音声認識アシスタント機能について

Windows 10にはCortana(コルタナ)と
呼ばれる音声認識アシスタント機能が追加されます。
ただしまだこちらは正式に機能が提供されておらず、
2015年8月現在ではまだ最終テスト段階であることが
マイクロソフトから発表されています、

アメリカなどでは既に搭載されている機能ですが、
現時点では日本語版には前述の通り含まれていません。
今後のアップデートで使用可能になる予定です。

ここが変わった!Windows10主な新機能トップ7について

Windows 10はタッチパネル操作に大きく
舵を切ったWindows 8と比べ、
キーボードやマウス操作に配慮されたOSとなっています。
そのため基本機能にも変更があり、
さらに追加された新しい機能もあります。
ここでは新機能でガイドが選ぶトップ7を、
Windows 8からの変更点も交えて紹介します。

05 Windows ストアについて

こちらも既存の機能ですが、
大きな変更が加わったのでここで取り上げます。
Windows 8から搭載されたWindows ストアも改良され、
従来のようにアプリだけではなく
音楽やビデオなど「コンテンツ」と
呼ばれるものを購入できる総合ショップとなりました。

Windows 8の時代にもゲームという
「コンテンツ」は購入できましたが、
それもアプリの一部でしかありませんでした。
しかしそこに音楽とビデオが追加されたことで
活用の幅が広がりました。

購入したビデオは

「映画&テレビ」アプリで再生できますし、
音楽なら「Gloove ミュージック」アプリ、
そしてゲームは「XBox」アプリで利用できます。

06 生体認証機能について

Windows Helloと呼ばれる
生体認証機能が搭載されました。
この機能はWindows 10の起動の際に、
パスワードの代わりに顔や指紋、
そして目の指紋といわれる虹彩で
ログインできるようになりました。

従来のWindows 8でも顔認証は採用されていましたし、
指紋認証を採用していたものはありました。
しかしWindows 10ではこれに虹彩も加えることでより
強固なセキュリティに対応しています。

なお、虹彩は搭載するパソコンやタブレットに
Windows Helloに対応している場合、
パスワードの代わりに、顔や指紋が使えるようになります。

プリンターの選択でこれを指定すると
PDFファイルが作成されます。
従来でもマイクロソフト社が提唱するXPS形式で
ファイル出力する「Microsoft XPS Document Writer」が
ありましたが、
汎用性の高いPDFファイルも
作成できるようになったことでより
便利に書類が作成できるようになりました。

今回はWindows 10の主な新機能をまとめました。
ぜひ、アップグレードする際の参考にしてみてください。
他にもまだまだ変更点は沢山ありますが、
そちらについてはWindows 10を実際に使ってそれを
実感していただければと思います。


Sponsored Link




SPONSORED LINKS

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!